logo
 
 メインメニュー
 広告
社会言語学関連
多言語社会関連
sociolinguistics
language policy
三元社出版物
関連学会・研究会のお知らせ : 第2回公開国際研究会『移民の社会統合と読み書き能力を考える』 【開催日:2010年3月28日(日)】
投稿者: webmaster 投稿日時: 2010-2-25 18:09:17 (1234 ヒット)

第2回公開国際研究会『移民の社会統合と読み書き能力を考える』

日時:2010年3月28日(日)13:00-16:30

場所:京都大学吉田南キャンパス人間・環境学研究科棟 地下講義室

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_ys.htm

入場無料

(会の終了後,講師を囲んで懇親会を予定しております。ご希望の方は3/20までにご連絡下さい)



第1部基調講演 13:10-14:40

「フランスにおける移民の統合と言語教育:その歴史,制度,教育」

講師:エルヴェ・アダミ氏(ナンシー大学准教授,専門領域:識字教育,移民言語教育,社会言語学,民族言語学)

進行・通訳:西山教行(京都大学准教授)

*講演はフランス語(日本語逐次通訳有)



第2部 討論 15:00-16:30

「移民の社会統合と読み書き能力?移民のおかれた状況と教育・習得支援」(日本語のみ)

討論者:宇佐美洋氏(国立国語研究所准教授)

     富谷玲子氏(神奈川大学准教授)

     内海由美子氏(山形大学准教授)

司会・進行:松岡洋子(岩手大学准教授)



本研究会は以下の研究所補助金を受けて共同開催します。

・日本学術振興会科学研究費補助金(課題番号:20401024)

「アジア・ヨーロッパにおける移住者と受け入れ住民の共通言語教育研究の構築」(代表:松岡洋子)

・神奈川大学学内共同研究

「グローバリズムに伴う社会変容と言語政策に関する包括的研究」

(代表:富谷玲子)

・日本学術振興会科学研究費補助金(課題番号:21652048)

「外国にルーツを持つ母親のためのライティング・ストラテジーに関する基礎的研究」(代表:内海由美子)



後援:日本フランス語教育学会

NISHIYAMA Noriyuki
jnn@lapin.ic.h.kyoto-u.ac.jp
http://www.momiji.h.kyoto-u.ac.jp/~nishiyama/index.html
http://d.hatena.ne.jp/jnn2480/

印刷用ページ このニュースを友達に送る