logo
 
 メインメニュー
 広告
社会言語学関連
多言語社会関連
sociolinguistics
language policy
三元社出版物
研究会からのお知らせ : 第64回多言語社会研究会(東京例会)【開催日:2015年6月27日(土)】
投稿者: webmaster 投稿日時: 2015-5-30 15:19:28 (951 ヒット)

多言語社会研究会例会を下記の通り開催致します。
ふるって御参加いただきますようお願いします。


第64回多言語社会研究会(東京例会)のご案内
日時:6月27日(土)午後2時〜6時
場所:東京外国語大学本郷サテライト4階セミナー室
   http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html
資料代:500円


報告1 西島佑(上智大学大学院博士後期課程)
題目:国家語の概念小史――「国語」へのオルタナティブとして
報告概要:
 日本語には、国家の言語を指し示す用語として、「国語」と「国家語」という2つの言葉がある。この内「国語」は、とりわけ90年代以降国民国家やナショナリズムとの関連で急速に理解が深まった。しかし、「国家語」の背景については、それほどよく知られているわけではない。
 国家語(Staatssprache)は、19世紀のドイツ語圏、とくに多言語主義を採っていたオーストリア=ハンガリーを中心に出てきた概念であり、多言語状態を前提としている側面がある。このStaatsspracheは、戦前に保科孝一を通して国家語と翻訳され、戦後田中克彦によって再発見されるという経緯がある。こうした過程は、「ひとつの国家に、ひとつの言語」の実現が謳われた「国語」の思想史とは異なる、多言語状態を前提としたもう1つの言語思想史があったことを意味している。
 本報告では、こうした多言語状態を背景として展開されてきた国家語の概念史を、オーストリア=ハンガリーのチェコ語問題の中から出てきた「シャールシュミット提案」、そして戦前の「保科孝一」、戦後の「田中克彦」のテクストを中心に読み解いていくことで明らかにしたい。
キーワード:国家語、国語、多言語主義、概念史、思想史


報告2:荻原まき(立教大学大学院博士後期課程)
題目:台湾原住民族の日本語の語り:記号論的視点からの「今ここ/過去」
報告概要:
 本研究では、台湾原住民族の日本語の談話(ミクロ)と、彼らが置かれていた時代背景(マクロ)から、彼らが日本語で「何を語るのか」、また「どのように語るのか」という点を記号論的視点から明らかにすることを目的とする。特に、その社会が大きく変貌した1945年の日本降伏前後という共時的な時間の視点でのナラティブ分析を試みる。戦後70年も経った現在でも統治されていた国の母語である日本語で、どうして「今ここ」、そして「過去」を語ることができるのだろうか。彼らにとっての「日本語の世界」というものは、一体どのようなものなのだろうか。
 先行研究では、そのほとんどが原住民族が話す日本語を文法的・使用状況的に分析したもの、日本語が変容していることを調査したものである。使用されている日本語そのものに焦点化し、その語り(ナラティブ)を通して何をしようとしているのか、すなわち「言語実践」に注目した研究はほとんど見られない。また「どのように語るか」という点を考えた際、非言語行為も重要な要素となることから、ジェスチャー等の非言語行為も一緒に分析することが必要だと考える。以上のことから、ミクロな視点である言語と、マクロな視点である社会背景の両方向から分析ができる記号論的視点で談話分析を行なった。
 その結果、ある原住民族Aの語りにおいて、日本の降伏を境界に人生が大きく変化し、当時の悔しい気持ちが「今ここ」においても連続していることがわかった。また非言語行為は、ダイクシスの指示内容を補完し、語りの中で、「今ここ」の語りと「過去」の出来事を効果的に結びつけていることも考察された。つまり、「今ここ」において「過去」を語る際、「過去」が「今ここ」においてもはや「過去」ではなくなっているといえるのではないだろうか。或いは、「過去」が連続体として「今ここ」に繋がった時、「過去」が「今ここ」と重なるという現象となるのではないかと思われた。
キーワード:台湾原住民族、語り(ナラティブ)、記憶、記号論、日本降伏

印刷用ページ このニュースを友達に送る