logo
 
 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

 メインメニュー
 広告
社会言語学関連
多言語社会関連
sociolinguistics
language policy
三元社出版物
研究会からのお知らせ : 第65回多言語社会研究会(東京例会)【開催日:2015年10月24日(土)】
投稿者: webmaster 投稿日時: 2015-8-27 16:27:59 (586 ヒット)

多言語社会研究会例会を下記の通り開催致します。
ふるって御参加いただきますようお願いします。


第65回多言語社会 研究会(東京例会)のご案内
日時:10月24日(土)午後2時〜6時
場所:東京外国語大学本郷サテライト4階セミナー室
   http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html
資料代:500円


報告者1:朴貞蘭(パク・ジョンラン、大分県立芸術文化短期大学専任 講師)
題目:「朝鮮戦争期における戦時教材研究―初等学校の『戦時生活』シリーズを中心に―」
報告概要:
韓国における『戦時教材』の諸問題は、すでに2006年以降、ソウル大学 校国語教育研究所編著『国語教育100年史』機Ν供2006)や『未来を開く 国語教育史』機Ν供2007)などの国語教育研究所叢書シリーズにおいて指摘さ れているが、これらの韓国国内における教材研究は、常に朝鮮半島の歴史事情・状況を特殊項の範囲でしか論じていない、すなわち、同タイプ の戦時教材であっても、日本帝国時代の朝鮮総督府が製作したものは「植民教育政策」として批判し、朝鮮戦争時に作成された『戦時教材』 は、民族と国家のために「やむを得ない教育政策」であったという論理構図がみられる。しかし、これは、単なる教材における連続性のみなら ず、「被教育者としての民衆を抑圧し教育する側=権力者のヘゲモニーを隠蔽」する韓国における教育のメカニズムの問題として再検討される べきである。本発表では、戦時教材のなかでも韓国の教育界においてほとんど紹介されてこなかった『飛行機』、『軍艦』、『我々は必ず勝 つ』、『たくましい我が民族』、『我々も戦う』など、初等学校用の戦時教材を取り上げ、朝鮮戦争期における戦時教材の実態を考察してみた い。
キーワード:朝鮮戦争、戦時教材、「反共主義」、「分断イデオロギー」


報告者2:窪田暁(奈 良県立大学地域創造学部専任講師)
題目:「ふたつの移民言語: 象徴と資産―ドミニカ共和国の日本人移住者、国内の日系ドミニカ人の事例から―」
報告概要:
1956年〜1959年のあいだに1,300人の日本人がドミニカ共和国(以下、ドミニカ)へと移住した。現在、ドミニカには約800人の日本人とその子孫が暮らしており、100人あまりの日系人とその配偶者・子どもが日本にきている。本発表では、まず、現在もドミニカに暮らす日本人移住者1世の言語使用の実態を2世への継承とその意識に注目して明らかにする。ブラジルなどにくらべ日本人の絶対数が少なかったドミニカでは、2世とドミニカ人との通婚が要因で、日本語の使用頻度は急速に減少している。そうした環境のもとで高齢化する日本人移 住者が日本語をどのように使用しているのかを継承、意識といった面から明らかにしたい。
つぎに、日本に働きにやってきた彼らの子どもにあたる日系ドミニカ人2世・3世の言語使用の実態を、おなじく継承とその意識に注目して明らかにする。神奈川県の日系ドミニカ移民コミュニティで 調査をつづけるうちに、日系ドミニカ人が少数集団として生活するなかで、エスニック・グループや日本社会という枠組みから自由であろうと している様子が浮かびあがってきた。例えば、ドミニカ人はエスニック・グループとしての規模は小さいものの、スペイン語話者としてみれ ば、共通の母語をもつペルー人が近くに暮らしており、スペイン語は彼らとのコミュニケーションのためにも欠かせないものとなっている。ま た、地球全体で多くのスペイン語話者がいることを念頭におき、言語資産としての有用性を彼ら自身が認識していることがわかった。
本発表では、上記ふたつの事例をもとに、移民言語を継承の面から考察するなかで浮かびあがる象徴性と資産性に注目 し、とくに少数集団としての特徴について議論をすすめていきたい。
キーワード:ドミニカ共和国、日本人移民、言語継承、資源、象徴

印刷用ページ このニュースを友達に送る