logo
 
 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

 メインメニュー
 広告
社会言語学関連
多言語社会関連
sociolinguistics
language policy
三元社出版物
新刊 : 『社会言語学』第15号(2015年)
投稿者: webmaster 投稿日時: 2015-11-26 11:31:13 (431 ヒット)

『社会言語学』XV号が刊行されましたので、お知らせいたします。
(頒価3000円/本体)

目次・購入申し込み:
http://www.geocities.jp/syakaigengogaku/


XV号目次

【論文】

障害学的言語権論の展望と課題
木村 護郎クリストフ

日本のろう教育は手話をどのように位置づけてきたか
―日本語至上主義の批判的検討―
クァク・ジョンナン

「わかりやすさ」をめざして書かれた新聞記事の文体的特徴
はやま しんすけ

性的少数者関係情報と情報保障
小澤 かおる

続〈コミュニケーション能力の育成〉の前提を問う
―「キラキラ」できない学習者と英語教師たち―
仲 潔

内蒙古文字景観の社会言語学
―文字の社会類型論―
井上 史雄/包 聯群

言語で分ける内と外
―イスラエル文学作家エトガル・ケレットの場合―
鴨志田 聡子

移民対象の日本語教育の内容について
―ドイツの移民対象向けの教科書からの考察―
あだち ゆーこ


【コラム】

失語症を理解する
吉川 雅博


【書評/書評への応答】

ゴフマン論と社会言語学的含意
中河 伸俊・渡辺 克典編『触発するゴフマン やりとりの秩序の社会学』
(新曜社、2015年)
ましこ・ひでのり

なかの・まき著『日本語点字のかなづかいの歴史的研究
―日本語文とは漢字かなまじり文のことなのか―』
(三元社、2015年)
金子 昭

佐野 直子著『社会言語学のまなざし』
(三元社、2015年)
砂野 幸稔

まなざしの不安、学のゆらぎ、ことばの自由
佐野 直子

大戸 安弘・八鍬 友広編『識字と学びの社会史―日本におけるリテラシーの諸相―』
(思文閣出版、2014年)
大黒 俊二

「国民」教育において「グローバル人材」育成をめざすという欺瞞
西山 教行・平畑 奈美著『「グローバル人材」再考』
(くろしお出版、2014年)
柿原 武史

印刷用ページ このニュースを友達に送る