シンポジウム「『ケルト』に学ぶ地域文化振興」【開催日:2011年1月29日(土)】

投稿日時 2011-1-13 15:50:09 | トピック: 関連学会・研究会のお知らせ

シンポジウム「『ケルト』に学ぶ地域文化振興」のご案内


このたび、鹿児島大学法文学部人文学科ヨーロッパ・アメリカ文化コースでは、
文部科学省教育推進プログラムの一環として、シンポジウム「『ケルト』に学ぶ
地域文化振興」を開催することになりました。このシンポジウムは、アイルランド、
ブルターニュ、ウェールズ、スコットランド、コーンウォールの各ケルト地域から
5人の代表的文化関係者をお招きし、それぞれの地域活性化の試みについて話して
いただいたのち、5人の日本人パネリストが「<文化力>で地域を活性化する!」
をテーマにディスカッションをするという意欲的な試みです。参加は無料で、予約も
要りません。多数の皆さまのご参加を期待しております。

※日本ケルト学会ホームページ(http://jscs.sakura.ne.jp/index.html)のお知らせ
欄より、シンポジウムのパンフレットをご覧頂けます。※


■シンポジウム「『ケルト』に学ぶ地域文化振興」■

日時:2011年1月29日(土)  

場所:鹿児島大学・稲盛会館 10:00~18:00(9:30開場)

主催:鹿児島大学法文学部人文学科ヨーロッパ・アメリカ文化コース

後援:南日本新聞社 

文化庁「文化力」プロジェクト参加事業



▲タイムテーブル▲

学部長挨拶                   10:00~10:05
趣旨説明(梁川)               10:05~10:15

第1部 ケルト諸地域の試み 

ケルト文化圏説明+講演者紹介(原聖       10:15~10:30
外国人招聘者講演1(タンギ・ルアルン)     10:30~11:10
外国人招聘者講演2(メイリオン・プリス・ジョーンズ)11:10~11:50
外国人招聘者講演3(ダヴィス・ヒックス)  11:50~12:30
昼食              12:30~13:20
外国人招聘者講演4(ロバート・ダンバー)  13:20~14:00
外国人招聘者講演5(ネーサ・ニヒネーデ)  14:00~14:40
質問                      14:45~15:15  

第2部 <文化力>で地域を活性化する!

パネルディスカッション            15:20~17:25
  コーディネーター:梁川英俊
  パネリスト:吉田春生(鹿児島国際大学教授)
  木部暢子(国立国語研究所教授)
  原聖(女子美術大学教授)
  安藤剛(日本文理大学客員教授)
  平嶺林太郎(KOSHIKI ART PROJECT代表)
質問                    17:25~17:55

閉会の挨拶                  17:55~18:00


問合せ先: 梁川 英俊(鹿児島大学法文学部)

〒890-0061 鹿児島市郡元1丁目21番30号
e-mail: yanagawa@leh.kagoshima-u.ac.jp  
tel/ fax : 099-285-8891



多言語社会研究会WEBにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://tagengo-syakai.sakura.ne.jp/xoops/html

このニュース記事が掲載されているURL:
http://tagengo-syakai.sakura.ne.jp/xoops/html/article.php?storyid=163