第35回多言語社会研究会例会(東京例会)【開催日:6/24(土)】

投稿日時 2006-5-29 10:38:39 | トピック: 研究会からのお知らせ

みなさま

第35回多言語社会研究会(東京例会)を開催したします。ふるってご参加ください。

松村一登
東京大学

--------------------------------------------------------------

第35回多言語社会研究会「アフリカ大陸の言語事情を考える」

○日時 2006年6月24日(土)14:00〜16:30
○場所 東京大学山上会館2階 会議室(本郷キャンパス)
 地下鉄最寄り駅:本郷三丁目駅(地下鉄丸の内線,大江戸線)
 東大前駅(地下鉄南北線)

報告者:M・ブレンツィンガー (Matthias Brenzinger)
 (東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所・客員教授)
題 名:「アフリカの多言語主義と言語の危機」(使用言語:英語)
 (Multilingualism and language endangerment on the African continent)

コメンテータ:米田信子(大阪女学院大学・准教授)

要旨
In my presentation I will discuss the relationship between multilingualism and language vitality by focusing on the African continent. Various scenarios of language shift and different kinds of multilingualism will be looked at. Language repertoires vary significantly between different communities and also among the individual community members. Quite a number of scholars regard societal multilingualism as one of the indicators for language endangerment. The relation between multilingualism and language endangerment, however, is much more complex, and on the long run, minority language will only survive, if stable language use patterns can be established.

本報告では、多言語主義と言語の活力との関係をアフリカ大陸に焦点をあてて論じる。言語シフトの今後の見通しについての多様な可能性、多言語主義の多様なあり方について考えたい。言語のレパートリーは、言語共同体ごとに、また個々の成員間でも異なる。当該社会の多言語主義のありようが言語の危機化の指標と考える研究者は多い。だが、多言語主義と言語の危機化との関係はもっと複雑であり、長期的には、安定的言語使用のパターンが確立されてはじめて、少数言語の存続が可能となるのである。

*問合せ:東京大学大学院人文社会系研究科・言語動態学研究室
メール:dootai@l.u-tokyo.ac.jp
電 話:03(5841)2673
URL: http://www.tooyoo.l.u-tokyo.ac.jp/index-j.html

*本郷キャンパスのアクセス(地下鉄,バス路線の案内があります)
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map01_02_j.html
山上会館のアクセス
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_00_02_j.html

--
Kazuto Matsumura
azuto@kmatsum.info
http://www.kmatsum.info/introd/



多言語社会研究会WEBにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://tagengo-syakai.sakura.ne.jp/xoops/html

このニュース記事が掲載されているURL:
http://tagengo-syakai.sakura.ne.jp/xoops/html/article.php?storyid=50